【京王杯スプリングC】唯一のG1馬ラウダシオンは5着 Mデムーロ騎手「最近では一番頑張った」

スポーツ報知
5着のラウダシオン

◆第67回京王杯スプリングC・G2(5月14日、東京競馬場・芝1400メートル=良)

 1着馬に安田記念・G1(6月5日、東京)の優先出走権が与えられる短距離重賞は4歳以上の牡牝12頭によって争われ、池添謙一騎手が手綱を執った1番人気のメイケイエール(牝4歳、栗東・武英智厩舎、父ミッキーアイル)が直線で抜け出し、1月のシルクロードSに続く重賞5勝目を挙げた。勝ち時計は1分20秒2。

 2番人気のスカイグルーヴ(クリストフ・ルメール騎手)が半馬身差の2着に入り、牝馬によるワンツーフィニッシュ。さらに3/4馬身差の3着に5番人気のタイムトゥへヴン(大野拓弥騎手)が続いた。

 和田竜二騎手(ワールドバローズ=4着)「休み明けの1400メートルだったのでテンはついていけなかったが、直線はいい脚をみせてくれた。このメンバー相手にここまできたのは自信になった」

 ミルコ・デムーロ騎手(ラウダシオン=5着)「スタートをうまく出して勝ちパターンに持ち込めたが…。最近の中では一番頑張っているけど、まだG1を勝った時の力は出していない。気難しいね」

 戸崎圭太騎手(リレーションシップ=6着)「テンは忙しかったけど、そのあとはリズム良く行けた」

 田辺裕信騎手(シャインガーネット=7着)「スタートが良くていいポジションで競馬ができたが、この馬らしさがなかった」

 野中悠太郎騎手(リフレイム=8着)「1400メートルでもハナに行けたし、右に行ってもしぶとく脚を使ってくれた。3勝クラスを勝った時よりは右にもたれなかった。東京もこの馬の走りはできた」

 内田博幸騎手(ビオグラフィー=10着)「ハナに行こうと思ったが、行けなかったので3番手から。ためながら行った。直線で頑張ってくれと思ったが、最後は苦しくなった」

 三浦皇成騎手(ミッキーブリランテ=11着)「枠を生かしたいいレースができた。湿った馬場のわりに上がりが速くて対応できなかった。でも1400メートルが一番いいので展開次第です」

 松若風馬騎手(クリスティ=12着)「1400メートルがいい方に出てくれればと思ったが、出負けしたので割り切ってしまいを生かす競馬をした。伸びきれなかったですね」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×