【大学野球】 慶大が明大を振り切る “善波ジュニア”の善波力が2安打3打点

スポーツ報知
2安打3打点の活躍をみせた慶大・善波力(カメラ・宮内 孝太)

◆東京六大学春季リーグ戦第6週第1日▽慶大7―4明大(14日・神宮)

 2位の慶大が、首位・明大との初戦を制した。1回表1死一、二塁から、4番・萩尾匡也中堅手(4年=文徳)の中越え三塁打で2点を先取。5番・朝日晴人遊撃手(4年=彦根東)もタイムリーを放ち3点目を挙げて主導権を握った。

 12安打7得点と活発だった打線のなかで目立ったのが善波力捕手(3年=慶應)だ。明大の前監督・善波達也氏(59)の長男で、今季から正捕手として出場。「相手が明大だからということは、意識していなかった。頭を整理して、相手ピッチャーの球だけに集中できていた」と善波は冷静に振り返った。守りでも、2点差に迫られた6回2死一塁の場面で盗塁を刺し、反撃を封じた。

 堀井哲也監督(60)は「まずは守備面と言っている。非常に良くやってくれている。バッティングはボーナスみたいなもの」と活躍を笑顔で称えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×