【中日】最大5点差ひっくり返され痛恨3連敗 祖父江が中田に逆転満塁被弾

スポーツ報知
中田に逆転満塁弾を浴びた祖父江(カメラ・堺 恒志)

◆JERAセ・リーグ 巨人7―6中日(14日・東京ドーム)  

 最大5点リードをひっくり返され、立浪竜が3連敗を喫した。

 3点リードの7回。立浪監督は満を持して11試合連続無失点だった祖父江大輔投手を投入。勝ちパターンで逃げ切りをもくろんだが、ポランコの適時打で2点差に。指揮官は続く4番・岡本和に対して2ボールとなったところで申告敬遠を選択。しかし、1死満塁から中田に2試合連続アーチとなる痛恨の逆転満塁本塁打を浴びて一気に逆転された。

 6回途中2失点と好投した先発・高橋宏斗投手の3勝目が消滅。打線は高橋周が今季初アーチとなる1号2ラン。A・マルティネス、岡林がマルチと攻撃陣も奮起したが、投打がかみ合わなかった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×