【楽天】3点リード守れず4連敗 安楽智大が逆転許す… 石井一久監督「割り切って投球してくれたらよかったんですけど」

スポーツ報知
3番手で登板した安楽智大(カメラ・池内 雅彦)

◆パ・リーグ 西武5―4楽天(14日・ベルーナドーム)

 楽天は早川隆久投手が6回6安打9奪三振、無失点の好投も、救援陣が打ち込まれ、逃げ切りに失敗。連敗は今季最長の4となった。

 4―1の7回に悪夢が始まった。2番手のブセニッツが1死から栗山に右前打を許すと、続く愛斗の強烈な打球が右足首付近を直撃。打球は右翼前まで転がった。助っ人右腕は一度ベンチに引き揚げるも、負傷交代となった。

 1死一、三塁のピンチで石井監督は安楽を投入したが、流れを止められなかった。金子を空振り三振に仕留めたが、川越に左前に運ばれ2点差となった。さらに滝沢に甘く入った直球を右中間に運ばれる同点三塁打を浴びた。さらに2死三塁から暴投で決勝点を献上。ベンチでは肩を落として悔しさをにじませた。

 石井監督は「安楽はあそこ(のピンチ)は1点(やっても)いい、と割り切ってピッチングしてくれたらよかったんですけど、昨日、今日とボールが真ん中に集まってくるので、もう少し散らしていかないと彼の良さは出ない。あそこの3ベース打たれたところも、ストライクを入れにいく必要もなかった。銀仁朗もアウトコースのボール気味に要求していたところをインコース気味に入った。あの感じだと球威もなかったので(打たれても)しょうがないかなと思います」と総括した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×