【阪神】中野拓夢ラストは遊飛でハマスタため息…それでも5の4、4打点!球団8人目のサイクル達成ならず

3回無死二塁、中野拓夢が右越えへ2ラン本塁打を放ち、ベンチ前で迎えられる(カメラ・岩崎 龍一)
3回無死二塁、中野拓夢が右越えへ2ラン本塁打を放ち、ベンチ前で迎えられる(カメラ・岩崎 龍一)

◆JERAセ・リーグ DeNA―阪神(14日・横浜)

 阪神の中野拓夢内野手がサイクル安打に王手をかけていたが、9回先頭で遊飛に終わり、お預けとなった。

 初回に右中間フェンス直撃の二塁打を放つと、3回の第2打席には今季2号2ラン。5回には中前にはじき返した。4打席目は三塁打を超える3号2ランをマークし、残りは三塁打のみだったが、あと一歩のところで届かなかった。それでも、5打数4安打、2本塁打、4打点と全てが自己最高成績。さらに打率を3割に乗せた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請