【阪神】打線爆発12安打9点!DeNA戦の連敗阻止した!中野拓夢2発4打点!

スポーツ報知
6回2死二塁、中野拓夢がこの試合2本目となる右越え2ラン本塁打を放ち、チームメイトに迎えられる(カメラ・岩崎 龍一)

◆JERAセ・リーグ DeNA2―9阪神(14日・横浜)

 阪神は9試合ぶりの2ケタ安打&5得点以上で快勝し、DeNA戦を4連敗で止めた。さらに横浜スタジアムでの連敗も3でストップ。雨天中止の翌日は9連勝となった。

 初回無死二、三塁、マルテが右犠飛で今季初打点を挙げると、佐藤輝の二塁打で初回2得点。3回には中野の2号2ラン、5回には3点を追加した。5点リードの6回にも中野が3号2ランを放ち、計9得点と大量リードを広げ、投手陣を援護した。

 先発の青柳は6回までに8安打を浴びるも2失点に抑える粘投。「野手が早い段階で点を取ってくれたので、自分のペースで落ち着いて投げる事ができた」と自身4勝目を挙げた。中継ぎ陣も無失点投球を続け、チームは3試合ぶりに勝利をつかみ取った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×