【中日】高橋宏斗、勝利投手の権利持ち降板「変化球で何とか粘ることができた」6回途中2失点

好投した先発・高橋宏斗(カメラ・頓所美代子)
好投した先発・高橋宏斗(カメラ・頓所美代子)

◆JERAセ・リーグ 巨人―中日(14日・東京ドーム)  

 中日・高橋宏斗投手が6回途中2失点の好投で3勝目の権利を持って降板した。

 初の巨人戦にも臆することなく直球を投げ込み、4回まで無安打投球。1点を失った6回2死満塁から代打・中島に押し出し四球を与えて降板した。2番手・清水が好リリーフをみせ、勝利投手の権利を保った右腕は「ストレートが思うようにコントロールできませんでしたが、変化球でなんとか粘ることができたと思います。次の登板までに修正したいです。あとは勝利を祈って、ベンチから声を出して応援します」と話した。

 注目された中京大中京の同級生、巨人・中山との対戦は2打数1安打だった。

好投した先発・高橋宏斗(カメラ・頓所美代子)
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請