阿部麗也が3度目挑戦で「阿部政権」樹立宣言  村田諒太の言葉にも刺激

スポーツ報知
前日計量を一発クリアした丸田陽七太(左)と阿部麗也(カメラ・谷口 隆俊)

◆プロボクシング 「DANGAN250」 ▽日本フェザー級(57・1キロ以下)タイトルマッチ&WBOアジアパシフィック同級王座決定戦12回戦 日本王者・丸田陽七太―日本同級1位・阿部麗也▽東洋太平洋スーパーフェザー級(58・9キロ以下)王座決定戦12回戦 同級6位・力石政法―同級3位・渡辺卓也▽東洋太平洋女子ミニマム級(47・6キロ以下)タイトルマッチ8回戦 王者・千本瑞規―長井香織(15日、東京・墨田区総合体育館)

 メインイベントに登場するフェザー級の世界ランカーで日本1位の阿部麗也(KG大和)が14日、日本同級王者・丸田陽七太(森岡)とともに東京・墨田区のモクシー東京錦糸町で前日計量に臨み、規定体重から100グラム軽い57・0キロで一発パスした。丸田も56・8キロでクリア。戦績は丸田が12勝(9KO)1敗1分け、阿部が22勝(10KO)3敗1分け。

 計量後、取材に応じた阿部は「今回もいつもどおり順調でした」と話した。今回が3度目のタイトル挑戦。昨年11月、丸田の目前で行われた挑戦者決定戦で渡部大介(ワタナベ)に3回終了TKO勝ちしてタイトルマッチの舞台に上がってきた。今回、WBOアジアパシフィック同級決定戦を兼ねて行われるが、現在、IBF世界10位、東洋太平洋2位の阿部は、丸田有利という戦前の予想に反発。「こうなると燃えますよね。今回は丸ちゃんに負けてもらって、“阿部政権”に変わるようにしたい」と意気込んだ。

 4月9日にIBF世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と統一戦を戦った前WBA世界同級スーパー王者・村田諒太(帝拳)を特集した番組を見て、気づかされた。「村田さんは、勝たないといけないと思ってボクシングが楽しめなかった、みたいなことを言っていた。そうだなと思った。楽しまなきゃいけない。リラックスしていかないと。3度目のタイトル戦だから死にものぐるいでいって固くなってはダメ。楽しんでやりたい」

 試合はABEMAで無料配信される。「ボクシング界にとってもデカイですよね。ここから広がっていけばと思う。ABEMAで『阿部さん劇場』を見せないといけませんね」と阿部は笑いながらも、言葉は力強かった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×