【ロッテ】プロ初先発の佐藤奨真が6回2安打1失点の粘投 オリックス打線翻弄も勝ち星つかめず

力投する先発・佐藤奨真 (カメラ・豊田 秀一)
力投する先発・佐藤奨真 (カメラ・豊田 秀一)

◆パ・リーグ オリックス―ロッテ(14日・京セラドーム)

 プロ初先発となったロッテの2年目左腕・佐藤奨真投手が6回2安打1失点の好投。初勝利とはならなかったが、粘りの投球でオリックス打線を1失点に抑えた。

 初回に福田、宗の連打に味方の失策が絡み先制点を献上したが、2回以降は立て直し5回まで4イニング連続で3者凡退。6回には先頭の伏見に四球を与えたものの、多彩な変化球に緩急を付けた投球でオリックス打線を打ち取り6回まで2安打1失点。この日の最速は139キロだった。

 だが打線がオリックス・山本に対し7回まで4安打無得点と左腕を援護できず。プロ初先発で白星はつかめなかったが、堂々の先発デビューをかざった。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請