【中日】高橋周平、今季1号2ランで追加点「甘いボールをしっかり仕留めることができた」高橋宏斗を援護

スポーツ報知
2回、高橋周平は右中間に1号2ランを放つ(カメラ・堺 恒志)

 ◆JERAセ・リーグ 巨人―中日(14日・東京ドーム)

 中日・高橋周平内野手が今季初アーチを放った。1点リードの2回無死二塁。カウント1―1からシューメーカーのツーシームを振り抜き、右中間席へたたき込んだ。ようやく飛び出した本塁打に「甘いボールをしっかり仕留めることができた。すぐに追加点を取れて良かった」と喜んだ。

 2度の好機で凡退していた13日の同カード後、指揮官は「チャンスで、走者がいるときは空振り恐れずに行こうと言っている。チャンスになったとき、空振りを恐れずに積極的にいかないとなかなか(状態が)上がって来ない。それはずっと言っている」と高橋周に奮起を促していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×