仙台MF名倉「勝利につながるゴールを」15日金沢戦

スポーツ報知
シュートを放つ仙台MF名倉巧

 J2ベガルタ仙台は13日、次節・ユアスタで対戦する金沢戦(15日)に向けクロスの攻守を意識した練習などを約1時間行った。首位と勝ち点差なしの2位につけるチームは他会場の結果次第で、今季初の首位浮上も見える。大事な試合にMF名倉巧(23)は「目の前の相手に全力を尽くして一戦一戦勝ちにいきたい」と意気込んだ。

 今季、長崎から期限付き移籍で加入し、昨季金沢と対戦しているサイドアタッカーは相手のマンツーマンの守備を警戒。「人に強く当たってくるイメージなんですけど、うまく利用して戦いたい」と話した。

 前節・長崎戦(8日、2〇0)ではレンタル元のため出場ができず、9試合ぶりにピッチ外で観戦した。勝利はしたが相手のハイプレスに苦戦し、ボールを支配された試合に「五分のボールで勝つことや、細かいプレーが自分たちの流れに持ってくる一つの要因。そういうところをもっと突き詰めていきたい」と改善点を挙げた。

 昨年の初ゴールは金沢戦で奪い、いい対戦イメージが残っている。東京V戦(4日、1●3)で移籍後初得点を決め、勢いに乗るドリブラーは「次は自分のゴールが勝利につながるようにホームでゴールを決めたい」と熱いサポーターの前で活躍を誓った。(山崎 賢人)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×