珠城りょう、初のソロ公演「ハッピーです」力強いダンスとキュートな笑顔で19曲披露

スポーツ報知
ソロコンサートを行った珠城りょう

 元宝塚月組トップスターの珠城りょうが13日、東京国際フォーラムで自身初のソロコンサート「CUORE」の東京公演を行い、アンコールを含め19曲を熱唱して約1500人の観客を魅了した。

 タイムマシンに乗って時空を超えた旅をするという趣向のコンサート。近未来をイメージしたグレーのロングコートで登場した珠城はOfficial髭男dismの「Amazing」を軽やかなダンスを交えて歌声を響かせた。「初めてのコンサート、ハッピーです」と拍手に応え、オリジナル曲「This Heart&Soul」、中森明菜の「飾りじゃないのよ涙は」、ミュージカル「ノートルダムの鐘」の名曲「僕の願い」など多彩な曲を歌い上げた。

 宝塚の1期先輩にあたる愛月ひかるがゲスト出演。「ニコライとプガチョフ」「BADDY」をデュエットで披露し、珠城は「宝塚時代、よく男役談議をした愛さんとご一緒できて幸せです」。昨年8月に宝塚を退団して約9か月。この日は男役を思わせる力強いダンスがありながら、チェック柄のスカート姿でキュートな笑顔も見せた。

 出演は珠城、愛月のほか、上口耕平、風馬翔、中西彩加、廣瀬真平、田口恵那、植竹奈津美ら。東京公演は15日まで。14日午後1時30分の回はライブ配信を実施する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×