【阪神】“雨柳さん”青柳晃洋、球団歴代1位12度目先発雨天中止

スポーツ報知
青柳晃洋

 阪神・青柳晃洋投手がフル回転でチームを浮上させることを誓った。13日のDeNA戦(横浜)は雨天中止。先発予定だった試合の降雨中止、ノーゲームが通算12度目となり、メッセンジャーを上回って球団歴代1位に立った“雨柳さん”は14日にスライド登板する。

 球団では03年井川以来の4戦連続完投もかかる右腕。「初めてのデーゲームで時間帯が変わる。しっかり考えて行動したい」と調整の難しさを冷静に受け止めた。矢野監督も「ヤギ(青柳)はスライドしても大丈夫。そういうところまで来てる」と信頼を置き、14日の結果次第では、次は中5日での登板となる可能性が高い。

 昨季DeNA戦は5戦4勝、防御率1・91の青柳に続き、15日はウィルカーソンが先発する。15日に先発予定だった西純は17日からのヤクルト3連戦(神宮)に回り、新型コロナ感染から回復して2軍待機中の伊藤将も来週中に昇格する見込みだ。

 チームはDeNA戦4連敗中で、横浜では開幕から3戦3敗。今季、チームの連敗を2度止めた背番号50は「知っている人が多く見に来る。甲子園とは違った声援がある。本当にうれしいし、投げるのは楽しみ」と地元・横浜もプラスに捉えた。今季初の凱旋登板で再び連敗を止める。(森脇 瑠香)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×