【ロッテ】高部瑛斗、圧巻の3盗塁 全て無死一塁で成功「盗塁からバントの方が1死三塁を作れる」

8回無死一塁、二塁への盗塁を決める高部瑛斗(右は遊撃手・紅林弘太郎=カメラ・石田 順平)
8回無死一塁、二塁への盗塁を決める高部瑛斗(右は遊撃手・紅林弘太郎=カメラ・石田 順平)

◆パ・リーグ オリックス1―4ロッテ(13日・京セラドーム大阪)

 ロッテ・高部瑛斗外野手(24)が1番・左翼でスタメン出場。2安打2四球で計4出塁して3盗塁と勝利に大きく貢献した。

 初回先頭で中前安打で出塁して続く中村奨の打席で二盗。3回も先頭で四球で出塁して続く中村奨の打席で二盗。8回も先頭で四球で出塁して中村奨の打席で二盗を決めた。

 これら3つの盗塁はいずれも無死一塁から決めたもので、その後、犠打や進塁打で三塁に進塁した後に得点を記録した。

 今季はリーグ2位の11盗塁。「足を使って、何とか先の塁にというのはありますし、(無死一塁から)バントで1アウトするよりも盗塁でそこからバントの方が1アウト三塁という形を作れるので。先に行こうという意識は常に持っているので、そこは今日は良かったかなと思います」と振り返った。

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請