【オリックス】佐々木朗希に今季3戦3敗 中嶋監督「あのぐらいのボールはそう簡単に打てるわけではない」

スポーツ報知
8回終了時、交代を告げ、ベンチに戻る中嶋聡監督(カメラ・岩崎 龍一)

◆パ・リーグ オリックス1―4ロッテ(13日・京セラD)

 オリックスは、佐々木朗希にまたしても敗れ、今季対戦は3戦3敗となった。

 4月10日に完全試合を喫し、同24日の対戦では打者がコンパクトな打撃を意識。直球を狙い、右腕を5回90球で降板させた。この日も序盤から積極的に振っていった。2点ビハインドの3回1死一、三塁で福田の遊ゴロの間に1点を返したが、打順が2巡目以降に入ってから相手バッテリーは変化球を軸にした投球となり、出塁するも打ち崩すことができなかった。

 試合後、中嶋監督は「変化球になってきた時にどれだけ我慢できるのか。技術も必要にもなってくると思いますけどね。あのぐらいのボールはそう簡単には打てるわけではない。何をしていくべきかなのか、というのをこれからもやっていかないといけない」と振り返った。

 

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×