【巨人】戸郷翔征が7回2失点で5勝目 原監督「まだもう1つ上を見てもらいたい」

スポーツ報知
力投する戸郷翔征(カメラ・小林 泰斗)

◆JERAセ・リーグ 巨人5―2中日(13日・東京ドーム)

 巨人の戸郷翔征投手が13日、中日戦で先発し、7回2失点で5勝目を挙げた。

 ハーラー単独トップの5勝目となったが、原監督は「点の取られ方という点においてはね、決して褒められたものではないですね」とあえて厳しい言葉を語った。「なんとなく詰めが甘い。彼はまだ若いし、エースとしてね、ジャイアンツを背負ってたってもらいたい投手ですから、あえて言わせてもらうと、詰めという点に置いて、トータルで2点で抑えたというのは、勝ち投手になったというのは素晴らしいけれどもね、まだもう1つ上を見てもらいたいなと。勝負という点においてね、自分に厳しく、やってもらいたいなという風に思っています」とさらなる奮起を促した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請