【巨人】中田翔が40日ぶりの3号2ランに初犠打 原監督「彼らしい思い切りの良い。非常に価値がある」

スポーツ報知
8回無死一塁、左中間に2ラン本塁打を放ちナインとタッチをする中田翔(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ 巨人5―2中日(13日・東京ドーム)

 巨人の中田翔内野手が、13日、中日戦でプロ15年目で初の犠打をマークし、3号2ランを放つ活躍を見せた。

 同点の4回。無死一、二塁で打席に立つと、5番・中田はバットを寝かせてバントの構え。初球はファウルとなったが、2球目をしっかり転がし、通算6245打席目でプロ初犠打を成功させた。これには原監督も「勝つと言うことが大前提で、日ごろより彼と話をしたりいろんなことの中でね、非常に献身性のある選手ですから、まあもう少し図々しくやってもいいんじゃないかっていうね、そのような話もありましたけど、でもあそこは1アウトをあげてでも二塁、三塁にしたかったと。まあでも、よくやってくれました。非常にいいバントでした」と語った。

 さらに、1点リードの8回無死一塁からは山本の初球148キロ直球を仕留め、左中間席へ今季3号2ランを放った。4月3日の阪神戦(東京D)以来、40日ぶりの一発に、指揮官は「彼らしいね、思い切りの良い、初球をというところにね、非常に価値がある。ゲームの中でも大きなものだったと思います」とたたえた。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請