【巨人】ポランコが来日初の4安打で12日から7打席連続安打 原監督「献身性のあるプレーヤー」

スポーツ報知
7回2死一、三塁、ポランコが左前に勝ち越し適時打を放つ(カメラ・堺 恒志)

◆JERAセ・リーグ 巨人5―2中日(13日・東京ドーム)

 巨人のグレゴリー・ポランコ外野手が13日、中日戦で、来日初となる4打数4安打1打点の活躍を見せた。

 2―2の7回、2死一、三塁のチャンスで2番手・清水のカーブを左前へ運んだ。当たりはよくなかったが、一塁走者が走っていたため、遊撃手が二塁ベースに近づいており、その逆を突いた。これで12日のDeNA戦(横浜)から7打席連続ヒットと好調ぶりを発揮している。

 原監督は「少し疲れも抜けてきたというかね、彼も献身性のあるプレーヤーでね、ウォーカーとともに、まあ少々、ミスも目立つケースがなきにしもあらずですけど、それを上回る練習量も含め、結果も残してくれているので、それはよかったと思います」と振り返った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請