橋本大輝「膝以外の関節全部痛い。何を演技したいか浮かばない」連覇かかるも弱気発言連発…NHK杯14日開幕

スポーツ報知
体操NHK杯で前日会見に臨んだ(左から)神本雄也、橋本大輝、土井陵輔

 体操の世界選手権(10月29日開幕・英リバプール)の代表選考を兼ねたNHK杯は14日に女子、15日に男子が行われる。13日は会場の東京体育館での会見に有力選手が出席。昨夏の東京五輪2冠で大会2連覇を狙う橋本大輝(20)=順大=は「膝以外の関節が全部痛い。何を演技したいか聞かれても浮かばない」と弱気な言葉が口をついた。

 4月下旬の全日本個人総合は、東京五輪よりも鉄棒の難度を上げるなど圧巻の演技で2連覇を達成。中2週で迎える今大会に向け、疲労を考慮しながらの調整で「思ったより疲労が抜けるのが早かった。ピークを持ってくる週を間違えた」。先週末からガクっと調子が落ち、会場入り後も戻らず焦るばかり。この日の公式練習は肩痛の影響からあん馬、平行棒で落下が相次ぎ、何度も首をひねった。

 現時点で演技構成は未定。世界選手権の代表には決定済みで「けがなく自分の演技ができれば。結果にとらわれずやっていきたい」と慎重そう。男子の水鳥寿思強化本部長も「短期的に無理をしすぎない方がいいとは話している」と状態を重視する。満身創痍(そうい)でも「今できる技で今できる完成度を追い求める」姿で、五輪王者の意地をみせる。(大和田 佳世)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×