広瀬すず、運命を変えた中2のあの日「じき、あなたも受けないとね」…デビュー10年を振り返る

スポーツ報知
CM起用社数でも毎年トップを争う広瀬すず(カメラ・小林 泰斗)

 女優の広瀬すず(23)がデビュー10周年を迎えた。2012年8月の「ミスセブンティーン」オーディショングランプリから始まって迎えた節目。NHK連続テレビ小説でヒロイン、大みそかの紅白歌合戦で司会を務めるなど、同世代のトップを突っ走っている。何となく始まった芸能生活。今、何を考えているのか。仕事からプライベートまで、23歳の思いの丈を語ってもらった。(浦本 将樹)

 中学2年生だったあの日、運命が変わった。

 「じき、あなたも(オーディション)受けないとね」―。

 先に芸能界入りしていた姉の広瀬アリス(27)が、雑誌「Seventeen」のイベントがあり、家族で上京。その際に所属事務所社長がすずに投げかけた言葉だ。妹は内心、「受けないです」とつぶやいていたが「後日、本当に電話がかかってきて、断れませんでした」と振り返る。

 とはいえ、将来のことも考えていなかった。「中学生になったばかりですから。『バスケの監督になりたいな』と思っていても、そこまで本気ではなかった」。自分も姉と同じくモデルから女優の道へ。特に姉からは感想も助言もない。「誰かに聞かれたらするんでしょうけど、私たちだけだと、そういう話はしないです」

 デビューした後は、挑戦の連続だった。映画「海街diary」(15年)ではサッカー少女、「ちはやふる」(16年)では競技かるた、「四月は君の嘘」(16年)では高校生バイオリニスト、「チア☆ダン」(17年)ではチアダンス…。「海街―」ではサッカーを約1年間、猛練習。ドリブルはもちろん、右利きながらも左足で正確なパスが出せるほどに。「スポーツをやっていたので、体を動かすのは完璧にやりたかった」と体力に自信を見せる。

 最も大変だったと明かすのが「四月は―」でのバイオリン。未経験の楽器に「ウソをつきたくないけど、ウソしかつけない…」と葛藤した。「時間と経験が足りない。吹き替えにはしたくない」の思いで弦を奏でた。「1日6時間近く練習しました。もうキャパオーバーで」と悔しがる。

 それでも、トライを重ねる中でやりがいを感じることもできた。「海街―」は日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞。カンヌ国際映画祭にも出品された。「今までは人に『よかった』『悪かった』と言われるだけでした。賞を頂いて分かりやすく評価される。こうやって報われる瞬間があるんだなと知りました」と実感した。

 松坂桃李(33)とのダブル主演映画「流浪の月」(13日公開、李相日監督)では、女児誘拐事件を巡って世間の誤解を受けながら生きる主人公・家内更紗を演じる。「怒り」以来、2度目となる李監督が「広瀬すずの代表作を作る」と息巻く作品。広瀬も「前の『怒り』ではオーディションだったのに、今回は呼んでくださった。プレッシャーもありつつ、うれしかった」と気合を入れる。同作では、はかない少女を演じるため減量。「筋肉質なので食事制限だけして2キロ落として、シルエットを変えました」。広瀬の体格(身長159センチ)で2キロは簡単ではないはずだが、口調はあっさりだ。

 負けん気の源は小学校時代のバスケ部。猛練習で県の頂点を狙うようなチームだった。校長先生に、朝の6時半から練習できるように直訴。「夏休みも練習が1日9時間もあって。休みなんてない。小学生なのに」と根性と忍耐力を養った。インタビュー中も、いたずらっぽく笑いながらも時々、瞳の奥に見える強い光にドキッとさせられる。

 かつては「ややこしくなるくらい負けず嫌い」と自負。ヒロインを務めた19年の朝ドラ「なつぞら」。番組関係者によると、広瀬は電話帳ほどもある台本を現場に持って来ず、セリフを間違えることもなかった。「今はもう、ややこしくはないです」と謙遜するが「負けず嫌い」を公言することも、自分の中では負けなのかもしれない。

 これまで朝ドラヒロイン、紅白司会と若いうちに大きな仕事を経験してきた。デビューして10年。女優の仕事をどう感じているのか。

 「前は、すごく華やかな世界に見えていました。それでも今は自分を押し殺して違う人物を演じたり、生き抜く表現をするということが、すごくつらい瞬間もある」。今後も「こんな役がやりたい」というより「やってみないと分からない」の精神だ。「好きな脚本、ファッション、監督さん、俳優さん。『この人と仕事がしたい』と思う方の作品に出たい」という基準で考える。「これまでは女性がメインに描かれた作品が多かった。男社会といいますか、男くさい作品にも興味があります」と未知の世界に憧れる。

 CM、映画、ドラマに引っ張りだこの姉妹も20代半ば。プライベートについては「姉に先に結婚してほしい」と語ったこともあった。「妹として普通に思っているだけです。私は自分のしたい時にします」と真意を語る。何歳までに、という目標設定はない。「いざとなると、周りからは『まだ早い』『遅い』など言われるでしょうけど、今したいからするという感じ。それがある意味幸せだなって」。また瞳の奥が光ったような気がした。

 ◆広瀬 すず(ひろせ・すず)1998年6月19日、静岡県生まれ。23歳。2012年、「Seventeen」の専属モデルに。15年「海街diary」で報知映画賞、日本アカデミー賞など新人賞を総なめ。同年に「学校のカイダン」(日テレ系)でドラマ初主演。16年、映画「ちはやふる」シリーズで単独初主演。18年のNHK紅白歌合戦で紅組司会。身長159センチ、血液型AB。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×