【オリックス】先発の田嶋大樹、7回4安打2失点の好投も今季初勝利ならず

7回無死、岡大海に四球を与え、悔しがる田嶋大樹(カメラ・岩崎 龍一)
7回無死、岡大海に四球を与え、悔しがる田嶋大樹(カメラ・岩崎 龍一)

◆パ・リーグ オリックス―ロッテ(13日・京セラD)

 オリックスの田嶋大樹投手が先発し、7回4安打2失点で降板。今季初勝利はまたもお預けとなった。

 初回、先頭の高部に中前安打を浴び、さらに二盗を許しピンチを招いた。その後、1死二、三塁でレア―ドの右犠飛で先制点を献上。1点を追う3回無死二塁で、中村奨に右翼線への適時二塁打で追加点を奪われた。走者を出しながらも粘りの投球を披露。最少失点にとどめ、援護点を待ったが7回で交代となった。「序盤はテンポもよくなかったですし、もっとリズムよく、ストライク先行のピッチングがしたかったです。それでも、要所要所でバックにしっかりと守ってもらいながら、なんとか粘って7回まで投げ切れたところはよかったと思います」と振り返った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請