【巨人】戸郷翔征、7回2失点の粘投でハーラー単独トップ5勝目…4安打ポランコが決勝適時打、大勢14S

スポーツ報知
7回2失点の好投でハーラー単独トップとなる5勝目をあげた戸郷翔征(カメラ・小林 泰斗)

◆JERAセ・リーグ 巨人5―2中日(13日・東京ドーム)

 前日に連敗を5で止めた巨人がポランコの4安打の大活躍で快勝し、2連勝。先発・戸郷が7回2失点の好投でハーラー単独トップの5勝目をあげた。

 巨人は前回登板で10回2死まで完全投球の中日先発・大野雄相手に1番・丸が初回に先頭打者弾で先制。しかし、戸郷が援護を受けた直後の2回、2死一、二塁とされると、8番・石橋に中前に同点適時打を浴びた。

 4回、先頭のポランコが二塁への内野安打で出塁。岡本和が四球を選ぶと、続く中田がプロ入り後初の犠打を決め、1死二、三塁とすると、大城の二ゴロの間にポランコが生還。勝ち越しに成功したが、6回2死から戸郷がビシエドに同点ソロを浴びた。

 7回、巨人は中日の二番手・清水を攻め、2死一、三塁のチャンスをつくると、ここまで3安打のポランコが4安打目となる左前適時打を放ち、勝ち越しに成功。8回には中田が4月3日以来の3号2ランを左翼席に叩き込み、ダメ押し。8回は今村、9回は大勢が無失点リレーを見せた。大勢は14セーブ目となった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請