【西武】支配下初日にスタメンデビューの滝沢夏央が3打席目でプロ初安打

スポーツ報知
6回無死、プロ初安打となる内野安打を放った滝沢夏央(カメラ・池内 雅彦)

◆パ・リーグ 西武―楽天(13日・ベルーナドーム)

 育成から支配下登録された初日にスタメンデビューを飾った西武の滝沢夏央内野手が、3打席目でプロ初安打を放った。

 1点を追う6回先頭で迎えた打席で、楽天・滝中の内角直球に詰まりながらも二塁内野安打。悪送球も重なって二塁まで進塁すると、続く外崎の左前打で本塁に突入。気合のヘッドスライディングで同点とした。

 初回の第1打席は投ゴロ、3回の第2打席は3球三振に倒れていたルーキーは「前の打席までは、思うようなスイングができていませんでした。しっかり自分のスイングをしようと打席に入り、ちょっと差し込まれましたが、全力で走れば何か起きるかも!と思いながら一塁まで走りました。その結果、送球のミスを誘うことができたのだと思っています。外崎さんのヒットで、とにかく全力でホームを目指しました。ヘッドスライディングでホームインしましたが、自分で振り返っても気持ちが出たプレーだったと思います!」と、うれしそうに声を弾ませた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×