【オリックス】大阪桐蔭出身ルーキー・池田陵真、佐々木朗の初球161キロを安打に 打線は3回に1点返す

スポーツ報知
3回無死、佐々木朗希から中前安打を放つ池田陵真(カメラ・石田 順平)

◆パ・リーグ オリックス―ロッテ(13日・京セラD)

 オリックスの高卒ルーキー・ドラ5の池田陵真外野手=大阪桐蔭高=が、佐々木朗希との初対戦でヒットを放った。先頭で回ってきた2点ビハインドの3回、佐々木朗の初球・161キロの直球を捉え、センター前に運んだ。

 池田は1日に初昇格し、この試合まで5試合に出場し、打率1割2分5厘、1打点をマークしていた。

 なお、打線はこの回1死一、三塁から福田の遊ゴロの間に1点を返した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×