【中日】高橋宏斗が14日巨人戦に先発「内角にどんどん攻めていきます」 中山礼都との対戦も心待ち

スポーツ報知
キャッチボールで調整する高橋宏斗(カメラ・堺 恒志)

 中日・高橋宏斗投手が13日、初のG倒へ闘志を燃やした。14日の巨人戦(東京D)に先発する右腕は東京遠征中のチームに再合流。練習前には、初めて投げる敵地のマウンドをしっかり確認し、ダッシュなどで最終調整を終えた。

 前回登板した4月29日の広島戦(バンテリンD)では5回1失点。打線の援護なく2敗目を喫したものの、大瀬良を相手に堂々と渡り合った。中14日と間隔は空いたが、心身共にリフレッシュした高卒2年目は「初の東京ドーム、ジャイアンツ戦、内角をどんどん攻めていきます」と力強く宣言した。

 球場入り後は、中京大中京高のチームメートだった巨人・中山礼都内野手と再会し、言葉も交わした。かねてから「早く対戦して、絶対に抑えたい」というライバルとの対戦にも注目が集まる。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×