今村聖奈騎手 注目の初参戦! ヤングJS出場者決定 大塚海渡騎手もスタンバイ

スポーツ報知
ヤングJS初参戦が決まった今村聖奈騎手

 NAR(地方競馬全国協会)は5月13日、「2022ヤングジョッキーズシリーズ」に出場する63人(JRA所属24人、地方所属39人)を発表した。

 トライアルラウンドは東日本、西日本地区に分かれ、東日本は7月5日の盛岡から10月19日の浦和まで計6ラウンド。西日本は7月18日の高知から11月2日の笠松までの6ラウンド。計12ラウンドを開催する。

 園田ラウンド(9月8日)は西日本地区4戦目として行われ、JRAからは泉谷楓真、今村聖奈、川端海翼、角田大河、松本大輝が出場。さらに木本直、佐々木世麗、長尾翼玖、大山龍太郎、青海大樹の地元・兵庫の5騎手のほか、東川慎(笠松)、浜尚美(高知)、山田義貴(佐賀)も参戦する。

 また、2020年1月の落馬事故以来、まだ実戦復帰を果たしていないJRAの大塚海渡が門別ラウンド(7月27日)と浦和ラウンド(10月19日)に参戦することも発表された。

 なお、ファイナルラウンドは12月16日に名古屋競馬場、翌17日に中京競馬場で行われ、JRAおよび地方のトライアルラウンド得点上位の各8人、計16人が出場する。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×