コウチーニョ、大幅減俸もアストンビラに完全移籍 移籍金27億円

スポーツ報知
フィリペ・コウチーニョ(ロイター)

 スペイン1部・バルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(29)がイングランド・プレミアリーグのアストンビラへ完全移籍することが12日、発表された。

 BBCによると、バルセロナからアストンビラへレンタル移籍中だったコウチーニョの移籍金は1700万ポンド(約27億3000万円)。

 アストンビラのジェラード監督は「これはうちにとって素晴らしい補強。フィル(コウチーニョ)はプロの鑑と言える選手。彼が1月に加入してから、若い選手の手本となり、チームにいい影響を与えていた」と語り、かつてリバプールでチームメートだったコウチーニョの獲得を喜んだ。

 コウチーニョは2018年1月にリバプールから1億4200万ポンド(約228億6200万円)の移籍金でバルセロナに移籍。その際、年俸も2000万ユーロ(約27億円)を上回る高額に達した。

 しかしバルセロナでは106試合で26ゴールという成績に終わり、1年の契約を残しながら戦力外の評価となり、アストンビラへの完全移籍を承諾。リバプールからバルセロナへ加入した際の移籍金228億円が今回は8分の1以下の27億円に下がったが、年俸の大幅減額も受け入れ、かつてのチームメートが率いるクラブを新天地として選んだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×