【楽天】西川遥輝が初の月間MVP「縁がない賞だと思っていた。最初で最後かな」

スポーツ報知
3・4月度の月間MVPに輝いた西川遥輝(球団提供)

 楽天・西川遥輝外野手(30)が13日、3・4月度「大樹生命月間MVP賞」に選出された。

 日本ハムから移籍1年目となった今季は開幕から不動の1番打者として、3・4月は23試合に出場し、84打数28安打で打率3割3分3厘、5本塁打、21打点、7盗塁をマーク。「初めてだったので、すごくうれしかった。シーズン始まって一番初めての月間MVPだったのでうれしかったです」と笑みを浮かべた。

 自身の30回目の誕生日だった4月16日のソフトバンク戦(北九州)では、1点を追う9回にタカの守護神・森から右翼席へ逆転2ラン。同30日のソフトバンク戦(楽天生命)では、9回にモイネロから同点3ランを放つなど、強烈なインパクトを残した2試合を印象に深い試合に挙げた。

 プロ12年目で初の受賞となり、「いろいろな奇跡も重なっての数字なので本当の実力なのかわからないですけど、自分の誕生日月間でもありましたので、よかったです」と振り返った。

 「あまり縁がない賞かなと思っていました。ホームランだったり、打点が目立つと思う。僕はそういったところで活躍する選手ではないので、無縁かなと思っていた。今回が最初で最後かな」と最後は周囲を笑わせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×