【日本ハム】伊藤大海、「粗品の呪い」払拭を誓う 13日ソフトバンク戦先発へ立て直し

スポーツ報知
伊藤大海

 日本ハムの伊藤大海投手(24)が12日、“粗品の呪い”払拭を誓った。13日のソフトバンク戦(札幌D)で先発する右腕は、前回5日の楽天戦(札幌D)で、4回に突如制球を乱し3失点。6回途中6失点(自責4)で負け投手となった。4四球を与えた4回を、人気お笑いコンビ・霜降り明星の粗品に競馬で本命にされた馬が負けるとされる“粗品の呪い”に例えながら、立て直しを誓った。

 思わぬワードが伊藤の口をついた。「前日に粗品さんのユーチューブ見て“粗品の呪い”って言葉を覚えたんですけど、粗品の呪いが4回に来た(笑い)。粗品さんが競馬で立てた予想が絶対外れるみたいな。それかなと思って。いま粗品さんのユーチューブから離れています」と語った。

 人気お笑いコンビ・霜降り明星の粗品は、自身のユーチューブチャンネルで「生涯収支マイナス1億円君」として競馬予想を展開。本命馬が飛ぶことで知られ、4月の大阪杯では断然人気のエフフォーリアを本命に指名すると、9着に敗れる大波乱となった。伊藤は突如乱れた状況を「魔物」とも表現しており、人外の力が働いたような感覚を“呪い”に結びつけたようだ。

 13日は東京五輪で共に戦った千賀との投げ合い。「いっぱいイジってもらったので、先にマウンドを降りないように、何とか食らい付いてやっていきたい」。強い気持ちで“呪い”も“お化け”も吹き飛ばす。(山口 泰史)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×