松原、5回コールド快勝発進!…第25回大和川大会

スポーツ報知
初戦で快勝発進を決めた松原ナイン

◆第25回大和川大会 ◇中学生の部▽1回戦 松原ボーイズ8-1大阪泉北ボーイズ=5回コールド=(8日・助松グラウンドほか)

 投打がかみ合った松原が、5回コールドの快勝発進を飾った。初回、石橋、奥本の連打で先制点を奪うと、4番の阿南主将が「点差を広げて有利にしたいと思っていた」と左前適時打。いきなり4点をリードした。

 これまで先制した試合は高勝率であることを知っていたナイン。ホストチームという重圧もあったが、試合前に「先制点を意識する」ことを確認した。思い通りの攻撃に、阿南は「先制することができて、自分たちのペースでいけた」。自身も2安打2打点の活躍だったこともあり、満面の笑みで振り返った。

 重心が前にいかない打撃を心掛けているという2番・石橋も「スイングがよかったので(今日は)いけると思っていた」と3安打2打点。投げても先発・植村が4回1安打無失点、無四球と好投した。「力を抜いて楽に投げた。変化球がよく曲がって、空振りがとれました」と力強い直球とキレのあるスライダー、カーブで相手打線に二塁さえ踏ませなかった。

 投打に加え、機動力も絡め、5回コールド勝ち。大会後には選手権大会支部予選も控えており「大和川大会で優勝し、(選手権では)大阪中央支部の代表として全国へ行きます」と意気込んだ阿南。石橋も「選手権、ジャイアンツカップに出るため、みんなで頑張りたい」と声を合わせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×