【ヤクルト】塩見泰隆が足をひねって途中交代 高津監督「今後については分かりません」

スポーツ報知
5回1死三塁、山田哲人の右犠飛で、一度ベースを踏み損ねるも引き返して生還した塩見泰隆(カメラ・竜田 卓)

◆JERAセ・リーグ ヤクルト3―1中日(12日・神宮)

 「1番・中堅」で先発出場したヤクルトの塩見泰隆外野手が6回表から途中交代した。

 5回先頭で左翼線への二塁打で出塁。1死三塁から、右飛でタッチアップし、ホームに滑り込んだ際に、足を負傷。途中交代し、治療を受けた。試合後、取材に応じた高津監督は「病院には行ってません。今後については分かりません」と説明した。

 塩見はこの日、初回に先取点につながる中前打を放っており、マルチ安打を記録していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×