【中日】5回3失点の上田洸太朗に立浪監督「この球場で5回3失点なら十分。あとは打線」

3回、戦況を見る立浪和義監督(左)
3回、戦況を見る立浪和義監督(左)

 ◆JERAセ・リーグ ヤクルト3―1中日(12日・神宮)

 連勝が2で止まった。プロ初登板初先発の中日・上田洸太朗投手が5回3失点と粘投もプロ初黒星を喫した。堂々の高卒2年目に、立浪監督は「あれだけストライクを投げられて勝負できている。立ち上がりは甘く入ったところをポンポンといかれたが、この球場で5回3失点なら十分責任果たした。いいところも随分出た。楽しみな投手が一人出てきた。真っすぐのキレが出るとか課題はあるでしょうけど、あとは打線が取ってやらないと…。そこだけ」。左腕の好投を評価しながら打線の奮起を求めた。

 肝心の打線は今季初スタメンの1番・伊藤が2安打。高橋周も2安打、根尾に1軍再昇格後初安打となる二塁打も飛び出し、8回まで毎回走者を出したが本塁が遠かった。指揮官は「結果的に全くヒットが出てないわけではない。ヤクルトは序盤の4安打で3点、うちが(6回までに)7安打で1点。チャンスで1本、出るか出ないか。いい意味で開き直るなり、いつも言うようにボールの待ち方。その辺も含めて明日話し合って、打開策も見つけながら。チャンスで『さあ、いらっしゃい』とならないといけない。今日も遊ゴロで1点ですか。タイムリーでつなげないと。投手が頑張っているうちはいいが、ずっといいとは限らない。継続してやっていくしかない」とした。

 主力4選手が相次いで新型コロナに感染。危機的状況の中でヤクルトに連勝していたが、この日は力負けした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請