【ロッテ】美馬学、今季5度目登板でやっと1勝 これまで好投も援護点わずか1点「メチャクチャうれしい」

スポーツ報知
6回を7安打2失点で今季初勝利を挙げた美馬学(カメラ・佐々木 清勝)

◆パ・リーグ 楽天2―5ロッテ(12日・楽天生命パーク)

 白星への扉を自らこじ開けた。美馬がピンチでギアを上げた。3―2の6回1死二、三塁から黒川を二ゴロ、辰己を中飛。ともに1ストライクからフォーク5連投で6球目に決着した。「松川は止める能力がすごく高いので信頼してます」。18歳の新人捕手を信じて低めに制球。今季5度目の先発で6回2失点と好投して初勝利を挙げ「メチャクチャうれしいです」とかみしめた。

 試合前まで0勝4敗。援護点わずか1点と好投しながら白星に恵まれていなかった。それでも「結局、先に点を取られている」と野手のせいにせず前向きに調整。この日は今季初めて複数得点の援護をもらった。「勝てない時は難しさを感じた。メチャメチャ緊張するようになりました」。1試合の重みを今まで以上に実感。待望の1勝をつかみ、チームを1か月ぶりの連勝に導いた。(片岡 優帆)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×