【巨人】戸郷翔征、きょう13日中日戦先発でトップ5勝狙う「いい流れをもってこられるように」

スポーツ報知
キャッチボールで調整する戸郷翔征(カメラ・堺 恒志)

 巨人の戸郷翔征投手(22)が、両リーグトップの5勝目を狙う。13日の中日戦(東京D)で先発する右腕はこの日、DeNA戦(横浜)の試合前練習に参加し短距離ダッシュなどで最終調整を行い「長いイニングを投げて、チームにいい流れをもってこられるようなピッチングができるよう頑張ります」と気を引き締めた。

 前回登板した4日の広島戦(マツダ)は6回3失点5奪三振で「チームが苦しい状況だったので0点で抑えたかったですけど、3点取られて悔しい」と反省したが、チームの連敗を4で止め、リーグトップタイの4勝目を挙げた。今季6戦中5戦でクオリティースタート(6回以上自責3以下)と安定している。開幕から唯一ローテを守っている右腕が、カード頭で結果を出す。

 ◆戸郷翔征はチームを勝たせる投球を!…高橋由伸氏「真のエースになるために」

 戸郷には、とにかくチームの勝ちにこだわった投球を期待したい。坂本と吉川が不在で得点力が乏しい今は、先に点を与えてはいけない。この日の菅野もそうだが、いつもよりエンジンを上げて臨んでほしい。特に立ち上がり。いきなりの失点はプレッシャーがかかってしまう。

 今年は球威もあるし、変化球の精度も上がっているように見える。自信を持って投げているのだろう。真のエースになるためにも、先発がチームを勝たせる術を磨いていってほしい。(スポーツ報知評論家・高橋由伸)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×