ロス五輪金メダルの名将・松永怜一さんが90歳で死去

スポーツ報知
松永怜一氏

 1984年、ロサンゼルス五輪、公開競技の野球で金メダルに導いた日本代表監督の松永怜一さんが12日、老衰のため横浜市内の病院で亡くなった。90歳だった。北九州市出身、後日に家族葬を行う。

 福岡・八幡高、法政大では内野手。法政一高(現法政高)、堀越高(ともに東京)の監督を経て1965年に法政大監督に就任し、田淵幸一(元ダイエー監督)、山本浩二(前広島監督)、富田勝(故人)の強打トリオに山中正竹(全日本野球協会会長)を擁し東京六大学リーグ優勝6度。71年から住友金属を率い、日本選手権で優勝2度。アマチュア球界で要職に就き、日本オリンピック委員会(JOC)で選手強化本部長など。2007年に野球殿堂特別表彰で殿堂入りした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×