小野瀬みらいがタナゴ釣り 世界最小の釣りものに「楽しい~!」連発

スポーツ報知
江戸時代から続くタナゴ釣りを楽しんだみらいちゃん

釣りガールの小野瀬みらいがタナゴ釣りを楽しんだ。タナゴは大きさが1~5センチほどで、釣りの対象となる魚として世界最小とも言われている。昨年11月、タナゴ釣り場がオープンした千葉県野田市の野田幸手園を訪れたみらいちゃん。最初こそ小さい魚を釣れるか不安だったが、タナゴの活性が上がると入れ掛かり。一心不乱にタナゴ釣りにのめり込んでいた。

みらいちゃん世界最小の“獲物”に挑戦

 今回はタナゴ釣り。私の釣り歴史上、最小の魚。世界の釣りの中でも最小のターゲットというのですから、当たり前ですね。お邪魔したのは野田幸手園。ヘラブナ釣りで有名な管理釣り場ですが、昨年11月からタナゴ釣り場がオープンしました。事前の情報ではタナゴの大きさは1~5センチとのこと。そんな小さい魚をどうやって釣るの? アタリは分かるの? 仕掛けは? 私の頭の中には、はてなマークがいっぱい。でも、初めてだし、管理釣り場での釣りは、遊園地に来た時のようなワクワク感があって楽しみ★

 野田幸手園に着くと大きな池にお客さんが大勢いました。ここにタナゴがいるのか、風が吹いていたらアタリが分からないなと思っていたら、そこはヘラブナの釣り場。タナゴの釣り場は駐車場を挟んで反対側の用水路のような場所でした。ただ、前日の雨で水は少し濁っていて水温も低めな様子。タナゴは水温に敏感なようで、暖かくならないとなかなか釣れないとのこと。前途多難の予感…。

 不安になりながらも小さなハリに練り餌を米粒大の大きさにして付けます。本来はハリに餌が少し付いていればいいそうですが、最初は魚を集めるために大きめに付けるのです。狙うのは水草の根元やクイの周り。水深は20~30センチほど。釣り始めて最初の30分間は魚の気配がまったくありません。

 こういう小物釣りは苦手だしなぁ、やっぱり釣れないなぁと思い始めたころ、水の中に変化がありました。何かが餌を突いてる様子が見えます。どうやら水温が上がってきて、タナゴやクチボソが寄ってきたようです。魚が小さいので見えづらいのですが、水中でキラキラと光り、確かにたくさんの魚がいるのが分かりました。

 魚の姿が見えるだけでもすごい楽しい。いやいや、見ているだけではダメ。釣らなければ。ウキがスッと動いた瞬間に合わせると、1円玉より少し大きいタナゴが釣れました。釣れた時っていうのは本当に楽しい! 手には感触が伝わってこないけれど、ウキのわずかな動きでいち早くアタリを捉えるというのが非常に魅力的。それからは、ほぼ入れ食い状態です。簡単にハリ掛かりしないもどかしさも楽しみながら、たくさん釣れました。ここの釣り場のルールで釣ったタナゴは全部リリースしました。

 野田幸手園には、タナゴはもちろんヘラブナ釣りのレンタルのタックルがそろっています。明るい女性スタッフもいて、釣り人のお世話をしてくれます。お弁当もおいしいので、今度はお友達を誘って行ってみようかな。(タレント)

◆明治時代に普及絶滅の危機直面

 タナゴは世界で40種類以上いるとも言われており、日本では18種類確認されている。河川の下流や湖、池、沼、用水路などに住み着き、主に水草が生い茂った場所にいる。二枚貝に卵を産み付けるという独特の方法で子孫を残している。江戸時代からタナゴは釣りの対象魚となった。粋な遊びの一つとして大名などに広まり、明治に入ると一般庶民に普及した。

 近年、コンクリートの用水路が増え産卵に必要な二枚貝がいなくなったことや、ブラックバス、ブルーギルに食い荒らされたことが原因でヤリタナゴやニホンバラタナゴなどはその数が激減した。絶滅の危機に直面しており、環境省のレッドリストに入っている。野田幸手園で釣れるのは、中国から入って自然繁殖したタイリクバラタナゴだ。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×