肥後克広、寺門ジモンはショックでコメントできず…上島竜兵さん急死 いつも3人一緒だった

スポーツ報知
芸能界有数の仲良しでも知られたダチョウ倶楽部の(左から)寺門ジモン、肥後克広、上島竜兵さん

 上島竜兵さんの突然の悲報に、1985年からダチョウ倶楽部で苦楽を共にしてきた肥後克広(59)、寺門ジモン(59)はコメントも出せないほどの大きなショックを受けている。リアクション芸の第一人者として伝統芸能の域にまで極めた上島さんは、「生まれながらの子分肌」という親しみやすい人柄でも多くの芸人仲間から愛された。

 ダチョウ倶楽部のリーダーの肥後と寺門はこの日はコメントを発表しなかった。2人の様子について、事務所は公表しなかったが、ショックの大きさをうかがわせた。

 ダチョウ倶楽部は85年に電撃ネットワークの南部虎弾(70)と4人で結成。方向性の違いで南部が脱退してから、3人で活動してきた。民放関係者によると、芸能界でも仲の良いことで知られ、楽屋を別々に希望するタレントが多い中、ダチョウ倶楽部は3人一部屋であることがほとんど。楽屋がない番組でも「常に3人が一緒にいました」と明かす。

 結末が読めていながら笑ってしまうお約束の面白さが3人の真骨頂だが、メンバーからにじみ出る優しさや誰も傷つけないトークも魅力だった。同関係者は「3人とも、とても謙虚でいい方。2人の気持ちを考えると胸がつぶれそう」と胸中を察していた。

 南部はこの日、YouTubeで上島さんを追悼。「あまりのことに驚きも何も、あ然としてしまいました。自分が70歳で、上島竜兵が61歳。何で死ななきゃいけないんだ…。優しくて優しくて、いつも気ばっかし、使っている子でした」と振り返った。

 ◆相談窓口 厚生労働省のホームページで紹介している主な悩み相談窓口は以下の通り。

 ▼いのちの電話

 (0570)783556(午前10時~午後10時)

 (0120)783556(午後4時~午後9時、毎月10日は午前8時~翌日午前8時)

 ▼こころの健康相談統一ダイヤル

 (0570)064556(対応の曜日・時間は都道府県により異なる)

 ▼よりそいホットライン

 (0120)279338(24時間対応)

 岩手、宮城、福島各県からは(0120)279226(24時間対応)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×