U―21日本代表候補は大学選抜に0―2敗戦 大岩監督「反省すべき結果」松木玖生「悔しさある」

スポーツ報知
後半、戦況を見つめる大岩剛監督(カメラ・宮崎 亮太)

▽練習試合(35分ハーフ) U―21日本代表候補0―2大学選抜(11日、千葉県内) 点【大】倍井謙(関西学院大)、落合陸(東京国際大)

 24年パリ五輪を目指すU―21日本代表候補は合宿最終日の11日、千葉県内で大学選抜との練習試合を行い、0―2で敗れた。

 3日間の今合宿は、6月のU―23アジア杯前最後の活動となり、普段と異なるポジションで起用する選手がいるなど、メンバー選考の目的も大きかったが、同世代の大学生に完封負け。常に日本代表として「勝ちを目指す」重要性を強調していた大岩剛監督は「非常に反省すべき結果。前半はボールを持ちながらも支配しているとは言えなかったし、後半は相手の圧力を受けて局面の打開に迷いが見られた。積極的にトライしている選手もいたので、手応えは半々」と率直に振り返った。

 1本目にインサイドハーフ(攻撃的MF)で出場したFC東京のMF松木玖生は、積極的なボール奪取やペナルティーエリアへの進入を見せたが、得点を生み出すことはできず。「勝ちきることができなかった悔しさはある。ゴールに向かう回数は大学生のほうが多かった」と試合後の表情は険しかった。

 練習試合の結果は厳しいものとなったが、昨年12月の大岩体制発足後、3月のU―23ドバイ杯や今回の候補合宿を含めて50人ほどの選手を招集。指揮官は「大きいラージグループという意味では、戦術やプレーモデルを伝えられている。今後はもっとシンプルに、濃く伝えていけるのでは」と先につながる収穫があったことも明かした。また、この日対戦した大学生も半数以上はパリ五輪世代。リーグ戦などから視察に訪れてプレーは確認しているが、「いいアピールをしていた」とうなずいた。

 6月3日に初戦を迎えるU―23アジア杯に向け、大岩監督は「短い期間で意識を合わせること。積み上げたきたことを発揮できるように」と語り、松木も「得点を重視して今季はやっていこうと決めたので、攻撃で良いアクセントになれれば」とFC東京に帰ってからも結果にこだわる姿勢を示した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×