【巨人】原監督、山崎伊織は初回3失点も、「それ以降は立ち直りながら、よく投げた」

スポーツ報知
力投する先発の山崎伊織(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ DeNA3―1巨人(10日・新潟)

 巨人の山崎伊織投手が先発し、6回3失点でプロ初黒星を喫した。

 初回、無死満塁のピンチを背負うと4番・牧に左犠飛、さらに1死二、三塁からソトに左前へ2点適時打を浴びて、初回に3点を失った。

 2回以降は立ち直り、相手打線に追加点を与えず。原監督は「初回ちょっと立ち上がりが、ちょっと甘くいったのかな。まあ、それ以降は立ち直りながら、よく投げたと思います」と右腕をねぎらった。また自己最多の110球を投じたことに関しては、「成長してくれてますね。しかし、その部分(初回の3失点)はね、反省するところはあるでしょうね」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請