【広島】九里亜蓮が11日の阪神戦で2勝目狙う「チームが勝てるような投球を」

スポーツ報知
九里亜蓮

 広島・九里亜蓮投手が11日の阪神戦(甲子園)に先発する。ランニング、キャッチボールなどで最終調整を終え「自分の投球ができるかどうか。まずはチームが勝てるような投球ができればと。それだけを考えます」と力を込めた。

 4月5日の巨人戦(マツダ)で7回1失点と好投し、今季初勝利を挙げたが、その後の4試合で0勝1敗と白星がない。前回登板だった4日の巨人戦(マツダ)も3点リードをもらいながら、6回途中3失点で降板。5四球と制球面から崩れた。

 「実際、四球が増えているのは数字で出ている。ゾーンで勝負できていない悪いところではある。(阪神は)1、2番を出すと足を絡めてくる。イニングの先頭打者を出さないように意識してやりたい」と意気込んだ。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×