188センチFW中島大嘉、U―21代表でゴール宣言「2点、3点取れる。世間をザワつかせたい」

U-21日本代表候補合宿でプレーする札幌FW中島大嘉(中央)ら
U-21日本代表候補合宿でプレーする札幌FW中島大嘉(中央)ら

 2024年パリ五輪を目指すU―21日本代表は10日、千葉県内で候補合宿2日目の練習を行った。同代表に初招集された19歳の札幌FW中島大嘉がオンライン取材に応じ、代表定着へ闘志をギラつかせた。

 国見高卒2年目、188センチの大型ストライカーは「代表候補に呼ばれたのは素直にうれしい。練習の中でも見てる人に『あいつ、やるやん』と思われるプレーをしないといけない」と抱負。打点の高いヘディングを武器に、今季は今季公式戦13試合で6得点と結果を残して選出された。「まだ6点しか取ってない」としつつ、「前を向いてボールを持ったり、ゴール前のところは自信がある。局面によってはJ1でも圧倒できる武器になってきてる」と胸を張った。

 高校時代から“規格外”のフィジカルの高さを誇った。「ヘディングはもともと自信があった。身長も高くて身体能力も高くて上で止まれて、人より高く飛べた。いかにヘディングでできる確率を増やすか飛べるタイミングを増やすか、(クロスに)入るタイミングや場所を高校の総監督、監督からアドバイスをもらった」と振り返った。

 合宿最終日の11日には、大学選抜との練習試合(非公開)を予定している。中島は「自分のやるべきこと、できることを理解してピッチに入れば2点、3点とゴールは取れる。大学選抜は強いと思うけど、日頃からやってることをやれば世間の人たちに注目される結果は提供できる。ザワつかせたい」と言い切った。

 過去の五輪の思い出は「あまりない」と言うが、「学校で勉強してても歴史ある大会だし、そこに出られたらすごくいいなと思う。五輪に出て日本の国民を喜ばせることができたら1人日本人として素晴らしいこと。今はすごく五輪に出て優勝したい」と2年後の大舞台を見据えた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請