清水ミチコ、ものまねした瀬戸内寂聴さんから直筆はがき届く「背中押された気がした」

映画「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」トークイベントに出席した清水ミチコ(
映画「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」トークイベントに出席した清水ミチコ(

 タレントの清水ミチコが10日、都内で映画「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」(27日公開、中村裕監督)のトークイベントに出席した。

 昨年11月に心不全のため99歳で死去した作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんの生誕100年を記念したドキュメンタリー映画。

 瀬戸内さんのものまねで登場した清水は「生前お会いしたことなかったのですが、20年ほど前にものまねを始めた時に『私のようなものをよく描いてくださいました』と直筆のおはがきをいただきました。背中を押された気がしました」と明かした。

 瀬戸内さんに17年間密着した中村監督は「あんなに早く亡くなると全く思わなかった。先生に(本作を)元気なうちに見せたいと伝えたら『死んでも絶対見てるよ』とおっしゃっていたので、今日はその言葉を信じたい」と語った。

 瀬戸内さんの秘書・瀬尾まなほ氏は「(生前に)100歳を盛大に祝おうと話していた。まだ私の中で(亡くなったことを)受け入れられないのですが、中村さんの映画をみた時に懐かしい、また会えたような気持ちになった。優しくて愛情あふれる人でした」と悼んだ。

映画「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」トークイベントに出席した(左から)中村裕監督、瀬尾まなほ氏、清水ミチコ
映画「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」トークイベントに出席した(左から)中村裕監督、瀬尾まなほ氏、清水ミチコ

映画「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」トークイベントに出席した清水ミチコ(
映画「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」トークイベントに出席した(左から)中村裕監督、瀬尾まなほ氏、清水ミチコ
すべての写真を見る 2枚

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請