原田伸郎、TikTokで「あのねのね」バズり中!「アイドルの素顔を引き出すのが楽しみだった」【中編】

笑顔でポーズを決める原田伸郎(カメラ・石田 順平)
笑顔でポーズを決める原田伸郎(カメラ・石田 順平)

 タレント・原田伸郎(70)が、清水国明(71)とのデュオ「あのねのね」で1979年に発表した「ネコ、ニャンニャンニャン」が「TikTok」でバズり、令和に再び注目を集めている。同曲発表の前には一度、芸能界引退も考えたこともあったが、伝説的なバラエティー「ヤンヤン歌うスタジオ」での司会などで70、80年代のテレビ・ラジオを盛り上げていった。(取材・構成=筒井政也)

* * *

■京産大在学中の思い出作りのはずが

 73年に「あのねのね」でデビューし、レコードは売れ、本もベストセラーになった。それでも「大学時代のいい思い出ができた」と、休んでいた京産大に復学。ついでに大学の就職課も冷やかしでのぞいた。

 「京産大は学生運動もしてなかったので、就職もよかったんです。廊下に貼ってある就職先は、初任給6万5000円が一番高かった。銀行やったかな? 『これ、1か月で6万5000円ですか?』って聞くと『当たり前じゃ!』(苦笑)。当時、印税も入って、ジーパンの両ポケットには50万円ずつ入ってましたから、金銭感覚がおかしくなっていた。『あれ? これは続けられるだけ続けな、しゃあないな』。僕にはもっと適したものがあるはずだと思ったけど、本流に流れていったという感じですかね」

 大学卒業後も、芸能生活は継続。77年から「あのねのね」は、テレビ東京の「ヤンヤン歌うスタジオ」で司会を担当。79年には「ネコニャン」がヒットし、タレントも歌手としても人気を集めた。

 「ヤンヤン―」はアイドルの素顔が垣間見られる番組として好評だった。「コントやクイズで一緒に遊んでましたね。(山口)百恵ちゃん、(松田)聖子ちゃん、ピンク・レディー…。1回目のゲストがキャンディーズでね。僕がお花の先生で着物を着て、3人にお花の生け方を教えるという。花瓶をバスケットボールのゴールみたいなところに置いて、みんなジャンプして花を入れる(笑い)。台本はあってないようなもの。『どうやったら素顔を引き出せるか』は僕らも思っていました。他の局の番組は『仕事』でも、『ヤンヤン』に来るのが息抜きになって、みんな楽しんでくれた」と回顧する。

■鶴瓶と清水国明さんに出会ったから

 意識していたのは“お兄さん”的な存在感。「僕自身も出させてもらいましたが、欽ちゃん(萩本欽一)とかドリフさん(ザ・ドリフターズ)とか大御所だと緊張するじゃないですか。プレッシャーで、自分を出し切るってなかなかできない。どうしたら、リラックスして、いいパフォーマンスを出せるのか。他の番組ではない笑顔を引き出すのが、楽しみでもありましたね」。後の「夕やけニャンヤン」(フジ系、85~87年)にも引き継がれた、そのノリは、学生時代に培った、いい意味の素人っぽさ。「(同期の)鶴瓶と清水さんに出会ってこんなことになった。京都産業大学に入って出会ったというのも、すごい運ですね。京都大学じゃなくてよかった(笑い)」

 「ネコニャン」のうわさを聞き、鶴瓶からは「伸郎~、“チックタック”でバズってるんやらしいな」と電話があったとか。清水とは「時々、会いたくなるんです。実は一度もケンカをしたことがない。たった1年ですけど先輩・後輩なので、いい意味の距離感がある。つかず離れず、という感じ。最近は(バズって)ちょこっと『俺も仲間に入れてくれ』みたいな様子がうかがえるので、知らんふりしてますが(笑い)」。そんな「あのねのね」も来年でデビュー50周年になる。(後編に続く)

 ◆原田 伸郎(はらだ・のぶろう)1951年10月1日、京都市生まれ。70歳。京産大学在学中に清水国明と「あのねのね」を結成し、73年に歌手デビュー。77~86年に2人でテレビ東京系「ヤンヤン歌うスタジオ」で司会を務める。書・墨遊家(ぼくゆうか)としても活動。サンテレビ「原田伸郎のめざせパーゴルフ3」(火曜・後11時)、ラジオ関西「原田伸郎 のびのび金ようび」(金曜・前10時)、MBSエムラジ「のぶりんのあつあつふうふう」(日曜・前7時20分)、eo光テレビ「原田伸郎のこの街ええなぁ」(第1、3水曜・前9時)にレギュラー出演中。

■少年時代からのG党

 〇…関西人だが、プロ野球は父親の影響で少年期からG党だ。「京都ではタイガーズより、ジャイアンツの帽子を被っている方が圧倒的に多かった。長嶋茂雄さんファン。いつも勝つから楽でね~」とV9時代を振り返ったが「今は、しんどそうに野球をしている。あんなにお金をかけているのに」と複雑な表情。「いつも思うんです。一から生え抜きで育てたナインがプレーするジャイアンツが見たいなって。『ファンの方、ごめんなさい。3年ぐらいかかりますけど、強いジャイアンツにします』というなら我慢しますよ」と巨人愛を語った。ちなみに、今のひいきは坂本勇人内野手だとか。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請