神戸が今年初の公開練習 64歳ロティーナ監督が絶妙ピンポイントクロス披露

スポーツ報知
神戸のロティーナ監督は公開練習で自らキッカーを務めクロスボールを上げた

 神戸は9日、神戸市内で今季初めての公開練習を実施。チームはアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグは首位通過した一方、リーグ戦では開幕11戦未勝利(4分け7敗)で最下位と苦しんでいるが、駆けつけたファンクラブ会員約60人は熱心に練習を見守った。

 左右からのクロスを頭で合わせる練習では、ロティーナ監督が自らキッカー役に。現役時代はFWとして活躍した老将は、来月65歳を迎えるとは思えない柔らかいタッチで何度もピンポイントクロス。場を盛り上げるファンサービスに、DF菊池流帆は「(クロスは)めっちゃ上手かったです。ビックリしました」と驚きを隠せなかった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×