【ちむどんどん】“クズ”な長男・賢秀を叱らない母・優子…驚きの行動に「甘すぎる」ネット批判噴出

スポーツ報知
仲間由紀恵

 女優の黒島結菜がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」(月~土曜・午前8時、土曜は1週間の総集編)で9日に第21話が放送された。その内容が、ネット上で話題となっている。(以下、ネタバレがあります。ご注意ください)

 第21話では、比嘉家に暗雲が垂れ込めた。暢子(黒島)の兄・賢秀(竜星涼)が投資話だと思ったものは、実は騙されていただけと分かり、賢秀は絶望。いきつけのハンバーガーショップで大暴れし、店内のテーブル、椅子などを破損し、大荒れに荒れた。行方をくらまし、ひそかに実家に舞い戻ったが、家族から非難される。そんな中、“被害者”の一人である音楽教師・下地(片桐はいり)が比嘉家を訪れるが、母の優子(仲間由紀恵)はなんと賢秀の身を隠そうとする…という展開だった。

 ネット上では、母の驚きの行動について「優子お母さん甘すぎる。挙句の果てに賢秀を隠そうとするとか…ありえん」「優子さんの行動が分からん。賢秀に甘すぎる。信じるのは良いとしても、なんで賢秀を叱らないんだ。暢子に謝りにいかせるのは違う」「ニーニーを隠すお母さんもなかなかやばいよね」「ニーニーもだけどお母さんにイライラもするしなんだかなあ」と批判の声が相次いだ。

 一方で、「母ちゃんはともかく、おじさんよくお金貸してくれたな」「なんでお母さんはお兄ちゃんのことは信じて借金してまでお金渡すのに、お姉ちゃんのお金渡しちゃいけないよって言葉は頑なに信用してあげないんだろうね?」といった疑問の声も寄せられた。

 トラブル続きで家族に迷惑をかけ続けている賢秀に対しては「ニーニーがクズすぎるのでは…」「大っ嫌い。この兄がいなければ家族平和やん」「兄の行動がひどすぎる ドラマとわかっていてもちょっとな」と辛らつなコメントが目立った。

 「ちむどんどん」は第106作目の連続テレビ小説。タイトルは沖縄方言で「胸がドキドキする」を意味する。沖縄で生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子が上京し、沖縄料理店を開くことを夢見る物語。今年、本土復帰50年を迎える沖縄が舞台で、同県出身の黒島結菜が主演を務める。沖縄を舞台にした朝ドラは01年前期「ちゅらさん」(主演・国仲涼子)、12年後期の「純と愛」(主演・夏菜)に続き3作目。脚本は「マッサン」や映画「パッチギ!」で知られる羽原大介氏のオリジナル。ドラマは昨秋クランクインした。

芸能

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×