【新潟大賞典】レッドガラン根性V 岩田康誠騎手「ファイトしてゴール駆け抜けてくれた」

スポーツ報知
JRAロゴマーク

 ◆第44回新潟大賞典・G3(5月8日、新潟競馬場・芝2000メートル=良)

 初夏の新潟開催の開幕を告げるハンデ重賞は、4歳以上の15頭が出走して争われ、7番人気のレッドガラン(牡7歳、栗東・安田隆行厩舎、父ロードカナロア)が、岩田康誠騎手に導かれ、トップハンデ57・5キロを見事に跳ね返し、2度目の重賞制覇を飾った。勝ち時計は1分57秒7。

 3番人気でハンデ55キロのカイザーバローズ(津村明秀騎手)が、首差の2着。そこから鼻差の3着には5番人気でハンデ54キロのヤシャマル(松田大作騎手)が入った。

 岩田康誠騎手「力通りのパフォーマンス。ゴール前では気持ちが切れかけたが、他馬に挟まれて、もう一度ファイトしてゴールを駆け抜けてくれた。まだ馬は若いし、次も頑張ってほしい」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×