母が日本人のノーマン、44秒62でV…オレゴン世陸は「当然金メダルを狙って」

スポーツ報知
マイケル・ノーマン

 ◆陸上 セイコー・ゴールデングランプリ(8日、東京・国立競技場)

 男子400メートルでは、日本人の母をもつマイケル・ノーマン(米国)が44秒62で優勝した。2位の佐藤風雅(那須環境)に0秒78の大差をつけて、圧勝。それでも「コメントするのが難しい。レースのリズムを取り戻せていない。満足しているというわけではなくて、フラストレーションがたまっている」と、もどかしそうな表情を浮かべた。

 メダル候補だった昨夏の東京五輪は5位。自国開催となる今夏のオレゴン世界陸上(7月、米国)は、悲願の世界大会表彰台へと向かう。「(現在は)望むような状態ではないけど、当然金メダルを狙ってやっていきたい」と自らを奮い立たせていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×