北口榛花、オレゴン世陸参加標準まで7センチ…五輪銅メダリストに快勝

スポーツ報知
北口榛花

◆陸上 ▽セイコー・ゴールデングランプリ(8日、東京・国立競技場)

 女子やり投げで、日本記録保持者の北口榛花(JAL)が63メートル93で優勝した。

 1回目に、オレゴン世界陸上(7月、米国)の参加標準記録(64メートル00)まで、あと7センチに迫る好記録で好発進。5回目にも62メートル96をマークするなど安定したパフォーマンスを光らせ、東京五輪銅メダルのバーバー(オーストラリア)ら海外勢にも競り勝った。

 北口は、前戦の木南記念(1日、大阪)でも61メートル20の好記録で優勝。昨夏の東京五輪で負傷した左腹斜筋肉離れから復活を印象づけ「今は五輪の前よりも良い状態。国内では誰にも負けないことが今年の目標。もっと投げられる自信もついたので、また次の試合も頑張りたい」と意気込みを新たにしていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×