カメラクルーのコードが選手の首に接触 陸連とNHKが謝罪「あってはならないこと」

相沢晃が優勝した男子10000メートル決勝
相沢晃が優勝した男子10000メートル決勝

 日本陸連は8日、日本選手権1万メートル(7日、東京・国立競技場)で、男子2組目のレース中にカメラクルーのコードが選手の首に接触した事案について説明した。

 優勝した相沢晃(旭化成)らのゴール後、フィールド内にいたカメラクルーが走路を横切り、競技中だった三田真司(サンベルクス)の首にカメラのコードが引っかかった。

 カメラクルーはNHKの中継局のもので、三田の他にも選手4人が接触しそうになった。4人については選手自身がスピードを遅くしたり、進路を変更したりして回避したが、危険なシーンだった。石井朗生事務局次長は「あってはならないこと。心からお詫び申し上げます。再発防止策や今後の注意喚起を進めていきたい」とした。

 三田の首には、赤くコードの跡がつくほどだったという。7日に診察とレントゲン検査を受けた時点で異常はなかったが、痛みはまだ続いており、この日以降に精密検査も行うという。

 NHK報道局の辻村和人スポーツセンター長も謝罪と事情説明に訪れ「(1着がゴールしても)十分な時間を持って(走路を)横切るのが基本。それが守られなかった。深くお詫び申し上げます」と頭を下げた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請