日曜メインレースの注目激走馬…東京11R・NHKマイルカップ・G1

スポーツ報知
NHKマイルカップに出走するタイセイディバイン

東京11R・NHKマイルカップ・G1・馬トク激走馬=タイセイディバイン

 デビューから7戦は1800、2000メートルを使われて1勝のみ。それが2走前、一気に距離短縮された1400メートルのファルコンSで13番人気ながら2着と適性を示すと、続く前走・アーリントンCで勝ち馬ダノンスコーピオンにクビ差2着と好走した。松若風馬騎手が「手応え抜群で、結果的に抜け出すのが少し早かった」と振り返った惜敗だったが、同時に緩みないペースの中での操作性の高さが光ったレースでもあった。今回のメンバーに入ってもマイルの持ち時計は2位の1分32秒8。馬力型ルーラーシップの産駒ではあるが、祖母に桜花賞2着馬ロンドンブリッジがいる影響か、速い時計への対応力も備えている。

 中間は在厩で調整され、松若騎手が騎乗した最終追い切りでは坂路で抜群の伸び脚。相変わらず鞍上とのコンビネーションは抜群で、7番枠を引いた今回、枠なりに自在に立ち回って上位進出を描ける態勢にある。

勘や主観的なものに頼らず、客観的なデータを元に競馬を予想すると、的中率、回収率が大幅に改善します。今週のレースも馬トクの客観的なデータで攻略しましょう。ご購入は下記リンクから。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×